• オジサンダイヤモンド講座
  • オジサンダイヤモンド講座

ダイヤモンドの値段を決める要素

ダイヤモンドの値段を決める要素を表す4Cという言葉があります。4Cはダイヤモンドの価値を決めるカット、カラー、クラリティ、カラットの頭文字から命名されました。カットは、ダイヤをどのような形に研磨したかを表す言葉です。ダイヤモンドの原石から美しい宝石に変えるために研磨は必要不可欠で、4Cの中で唯一人間の手によって決まる要素です。カラーは、ダイヤがどれくらい無色透明かを示す言葉で、無色から薄い黄色までを23段階に分けて判定し、無色であるほど値段が上がります。クラリティは、ダイヤに傷や不純物が無くどのくらい透明であるかを示します。専門家が10倍に拡大するルーペを使って11段階に分類し、不純物などが少ないほど値段が上がります。カラットはダイヤの重さをはかる単位で、1カラットは0.2グラムです。カットを終えた後でもカラット数が大きいダイヤは珍しく、高価です。以上のすべての要素を総合的に判断することで、ダイヤモンドの値段が決まるのです。